生死出ずべき道

九十年の生涯を尽くし、自己を厳しく問い直し、念仏者としての行き方を追求してきた著者が、渾身の力を振り絞って放った最晩年のメッセージ!
著者:
和田 稠  (著)  
シリーズ:
同朋選書  
発行年月日:
2010/04/01  
ページ数:
140p  
判型:
B6  
ISBN:
978-4-8341-0414-1  
1,080 (通常 \ 1,080) 在庫 : 十分

数量
生死出ずべき道
イメージの拡大

内容

生きていることに何か空しさを感じる…。「本当に今、ここに生きているんだ」という確かな実感がもてない私たちは、より良い「生」を手に入れようと「死」を遠ざけ、「生」のみを追求していく。「我、今ここにあり」と言える地に足をついた確かな生き方とは…。 九十年の生涯を尽くし、自己を厳しく問い直し、念仏者としての行き方を追求してきた著者が、渾身の力を振り絞って放った最晩年のメッセージ! 親鸞聖人が貫かれた「生死出ずべき道」を求める歩みから、私たちが本当に「生きる」ということを考えます。著者の真宗観溢れる一冊。

詳細

生死出ずべき道 京都・高倉会館「彼岸会講座」(2004年9月20〜22日)の講義録より   第一講 本当の生を求めて  第二講 いのちの要求  第三講 今、ここで目覚める 真宗の学び 京都・高倉会館「日曜講演」(2000年10月25日)の講義録より

最近チェックした商品