月刊『同朋』誌 2015年6月号

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、生活に密着した話題から親鸞聖人の教えまで、日々の暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌『同朋』。
著者:
 
シリーズ:
月刊『同朋』  
発行年月日:
2015/05/20  
ページ数:
 
判型:
 
ISBN:
-4---  
350 (通常 \ 350) 在庫 : 4

数量
月刊『同朋』誌 2015年6月号
イメージの拡大

内容

巻頭インタビューにはタレントのはるな愛さん!!今月の特集は『「弱さ」を生きる』。『「死」を意識することが弱さの自覚につながる。』をテーマに作家の高橋源一郎さんと真宗大谷派僧侶の武樋和嘉子さんが対談。

詳細

【主な内容】
◎インタビュー はるな愛さん(タレント)(2〜4頁)
悩みとしっかり向き合えば必ずトビラが開く

◎特集 

「弱さ」を生きる(5〜21頁)
効率や生産性だけが重んじられ、人をいつも「強者」と「弱者」に分けてしまう現代の競争社会。
弱者を排除し、誰もが強者をめざすような生き方は、誰にとっても生きづらい社会をつくるだけではないでしょうか。
そもそも人はみな、いつ傷つき、命終えるかわからない存在です。
誰もが「弱さ」を抱えているというのに、それを隠して「強く」生きていこうとする私たち…。
いまここで、人間の「弱さ」を改めて感じることは、大切な生き方の転換につながっていくのかもしれません。
・対談「「死」を意識することが、弱さの自覚につながる。」
高橋源一郎さん(作家)×武樋和嘉子さん(真宗大谷派僧侶)
・あつい壁を越えて―ハンセン病回復者から問われるもの―
・自分の「無力」を知ることが回復への第一歩だった/倉田めばさん
・「弱さ」の文学史―文学作品に描かれた人間の「弱さ」―
・仏教の視点から/頼尊恒信さん

◎好評連載
・「仏さまの願いとは?〜本願文に学ぶ〜」/尾畑文正
・仏教・仏事のハテナ?「袈裟」
・【最終回】真宗入門「教化とはA」/池田勇諦
・暮らしのなかの仏教語「意地」/大江憲成
・仏典マンガ「帰り道で話そうよ」三重楼閣のたとえ
・【最終回】大学生のフォトエッセイ/大谷大学写真部
・【最終回】写真でつづる東本願寺「大寝殿」
・お寺と女性(わたし)の物語「ええじゃないか市」
・こころエクササイズ/香山リカ            ほか

最近チェックした商品