月刊『同朋』誌 2016年6月号

著者:
 
シリーズ:
月刊『同朋』  
発行年月日:
2016/05/20  
ページ数:
 
判型:
A4  
ISBN:
978-4---  
350 (通常 \ 350) 在庫 : 12

数量
月刊『同朋』誌 2016年6月号
イメージの拡大

内容

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、 生活に密着した話題から親鸞聖人の教えまで、 日々の暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌『同朋』。

詳細

◎インタビュー マック鈴木さん
 「野球を通して人間関係を学び、仲間を大切にする心を育んでほしい」

◎特集 「ロボット」を考える
「鉄腕アトム」が子どもたちの胸をときめかせて、はや半世紀…。
いつのまにか、お掃除ロボットやペット型ロボットなど、
生活の身近でロボットが活躍する時代になりました。
政府や産業界が、日本のロボット開発への期待を盛り上げる一方で、
機械が人間の代わりをすることへの違和感や、
ロボットに仕事を奪われることへの危機感も根強くあります。
一方、ロボット研究の最先端では、その研究を通して「人間とは何か?」と問いかけ、
むしろ人間の特性が浮き彫りになるような事例も見受けられます。
そうした最前線のロボット開発や利用の現場から学びながら、
ロボットを通して人間と社会のあり方を考えてみましょう。
★対談 「人はみな支えあって生きるもの。弱いロボット≠ェそれを教えてくれた。」
岡田美智男さん(豊橋技術科学大学教授)×安藤義浩さん(教学研究所嘱託研究員)
★ルポ ヒト型ロボットから人間らしさ≠考える
~マツコロイドを生み出した大阪大学・石黒浩研究室
★寄稿 ロボットに全ての仕事を奪われた時、人はどう生きるべきなのか?/井上智洋さん
★仏教の視点から/難波教行さん        ほか

◎好評連載
●「仏さまの願いとは?〜本願文に学ぶ〜」/尾畑文正
●仏教・仏事のハテナ?「阿弥陀さまとお釈迦さま」(最終回)
●現在(いま)を生きる仏教入門/古田和弘
●暮らしのなかの仏教語「往生」(最終回)/大江憲成
●仏典マンガ「帰り道で話そうよ」(最終回)
●もっと知りたい!東本願寺「真宗教化センター しんらん交流館」(最終回)
●私の親鸞探訪「善光寺」/青木新門
●お寺と女性(わたし)の物語「365日が同朋会」
●こころエクササイズ/香山リカ               ほか

最近チェックした商品