月刊『同朋』誌 2018年7月号

今月の特別企画は「親鸞の言葉に震える」
著者:
 
シリーズ:
月刊『同朋』  
発行年月日:
2018/06/19  
ページ数:
60p  
判型:
A4  
ISBN:
491-0-8936-5078-6  
400 (通常 \ 400) 在庫 : 十分

数量
月刊『同朋』誌 2018年7月号
イメージの拡大

内容

「仏教がみちびく、あらたな人生」をコンセプトに、 暮らしのなかにある大切なことを見つめる月刊誌。7月号の特別企画は、「親鸞の言葉に震える」。

詳細

【7月号の主な内容】
◎インタビュー 木皿泉さん(脚本家)
「どんな人も、ここにいてよし。」

◎特別企画
親鸞の言葉に震える
日本仏教の高僧たちの中でも、
浄土真宗を顕かにした親鸞ほど、数多くの言葉が今日なお広く知られ、
信仰の有無にかかわらず幅広い人々を惹きつけてきた人物は少ないでしょう。
多くの人の胸を震わせた名言の数々を、影響を受けた人たちの声と共にお届けします。

●特別インタビュー「私が震えた親鸞の言葉」
村 薫さん(小説家)
鎌田 實さん(医師)
浜 矩子さん(エコノミスト)
武田鉄矢さん(歌手・俳優)
●親鸞名言集
●エッセイ@/「人間親鸞と近代文学」大澤絢子さん(龍谷大学世界仏教文化研究センター博士研究員)
●エッセイA/「親鸞とことば」井上尚実さん(大谷大学教授)

◎好評連載がスタート!!
●正信偈に学ぶ―今ここに届く親鸞の教え/狐野秀存さん(大谷専修学院長)
 真宗門徒が朝夕に勤める「正信偈」の教えの大切さと感動を連載。
●東本願寺 道を照らす行灯法語
 真宗本廟(東本願寺)前のソーラー行灯に掲示されている法語を、毎月ひとつずつご紹介。

◎好評連載
●親鸞万華鏡/7月号のゲスト:石川九楊さん(書家)
各界で活躍する方々に、様々な視点からの多彩な親鸞観をお聞きする連続インタビュー。
●探訪:真宗民俗/蒲池勢至さん(民俗学者) 
各地にひそむ真宗門徒の特色ある信仰の姿や葬儀・年中行事などの儀礼について、民俗学の視点からリサーチ。
●仏教学入門―お釈迦さまからのメッセージ/宮下晴輝さん(大谷大学名誉教授) 
2500年前に開かれた仏教の叡智は、今を生きる私たちにどんなメッセージを発しているのか。
●咲く花 鳴く鳥 そよぐ風/伊藤比呂美さん(詩人)
生きること、死ぬること≠ノついて、自然をとおして見つめる連載エッセイ。
●あなたのとなりの僧侶(おぼうさん)
お寺の仕事以外にも様々なスタイルで活動する僧侶の姿を、地域の魅力を交えてご紹介。
●ペコロスのほどけてしゃがんで/岡野雄一
『ペコロスの母に会いに行く』でお馴染み、マンガ家・岡野雄一さんが、
亡きお母さんから教わった大切な「いのち」のあれこれをつづる連載マンガ。

※その他、さまざまなコーナーを連載中!

最近チェックした商品