教化研究 第163号

特集 「近代教学」再考(下)――現代への波紋と課題
著者:
 
シリーズ:
教化研究  
発行年月日:
2019/01/31  
ページ数:
 
判型:
A5  
ISBN:
978-4---  
1,620 (通常 \ 1,620) 在庫 : 92

数量
教化研究 第163号
イメージの拡大

内容

特集 「近代教学」再考(下)――現代への波紋と課題
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
巻頭言  現代教学への道…………………………………………………………… 楠 信生

研究論文 "「近代教学」再考の行方――「京都学派」に照らしつつ――"・・・・名和 達宣
研究論文 "近代真宗史への入射角――宗教的立場と社会的立場の二元論とその超克―― " ・・・・近藤 俊太郎
研究論文 "真宗同朋会運動と個の自覚――高史明氏の問題提起を受けて―" ・・・・鶴見  晃

鼎 談 「近代教学」の問題は何処に? "中島岳志、福島栄寿、鶴見 晃、名和達宣(司会)"

研究論文 真宗大学の京都移転をめぐって――異安心問題から問われること――  ・・・・名畑 直日児
研究論文 "近代真宗における伝統性の構築――富山県西礪波郡刀利村の民衆世界を通して――" ・・・・松金 直美
研究論文 近代大谷派における「平和」 ――東洋の「平和」再考―― ・・・・藤井 祐介
研究ノート 真宗同和問題研究会の歴史的意義――木越樹氏の聞き取りを通して―― ・・・・鶴見  晃

インタビュー 暁烏敏門下の戦後の歩み ・・・・福島 和人

梵 響
「教化」とは何か――新宗教に譲渡された寺院を前にして―― ・・・・石川 正穂
同朋会運動と女性・・・・望月 慶子
教学の証し・・・・小田 朋隆

ブックガイド
B戦後イデオロギー編・・・・藤井 祐介
C現代社会と真宗 編・・・・御手洗 隆明"

研究ノート 「近代教学と蓮如」再考――大桑齊氏の問題提起を通して―― ・・・・名和 達宣
研究余話 「学」の相(すがた)という課題――幡谷明氏を訪ねて―― ・・・・本明 義樹

本の紹介・執筆者紹介・研究所雑記・編集後記

詳細

最近チェックした商品