御文の分位

『御文』の教団における教化、教学上の位置と意義、その分限を再確認し、真宗が、教団がどのような方向性をもつべきかをさぐる。1997年中央同朋会議録。
著者:
池田 勇諦  (他著)  
廣瀬 杲  (他著)  
寺川 俊昭  (他著)  
シリーズ:
 
発行年月日:
1998/03/25  
ページ数:
122p  
判型:
A5  
ISBN:
-4-8341-0256-4  
864 (通常 \ 864) 在庫 : なし

数量
御文の分位
イメージの拡大

内容

詳細

最近チェックした商品